介護サービスの利用と料金

2022年4月19日

 居宅サービスの利用料は、要介護度ごとに利用できる上限額(1ヶ月)が決まっています。
 利用者はこの限度額内で介護サービスを利用し、費用の1割(一定以上所得者の場合は2割又は3割)を自己負担します。
 また、施設サービスを利用する方は、居住費及び食費等を全額負担します。

 

 

■在宅サービスの支給限度額と自己負担

 

区分支給限度基準額

(1単位=10円として計算)

自己負担額
1割負担 2割負担 3割負担
 要支援1   5万0,320円 5,032円 1万0,064円 1万5,096円
 要支援2 10万5,310円 1万0,531円 2万1,062円 3万1,593円
 要介護1 16万7,650円 1万6,765円 3万3,530円 5万0,295円
 要介護2 19万7,050円

1万9,705円

3万9,410円 5万9,115円
 要介護3 27万0,480円 2万7,048円 5万4,096円 8万1,144円
 要介護4 30万9,380円 3万0,938円 6万1,876円 9万2,814円
 要介護5 36万2,170円 3万6,217円 7万2,434円 10万8,651円

 

 

■施設サービスを利用した場合の負担額

 

 施設サービスを利用した場合の負担額は、次のとおりとなります。

 

  1. サービス費用の1割(一定以上所得者の場合は2割又は3割)と居住費、食費。
  2. 理美容などの日常生活費など(全額利用者負担)になります。
  3. 所得の低い方は、負担限度額がありますので、町で申請すれば負担が軽減されます。

※ 施設サービスの利用額は介護認定区分・所得により異なります。

 

 

■高額介護サービス費の支給

 

 利用者負担額(月額)が、世帯合算で一定の上限額を超えた場合、超えた分が払い戻されます。

                     

 

お問い合わせ

福祉課
健康介護グループ
電話:0152-74-2111