こんなときには届け出

2021年4月1日

 下記のようなときは、お住まいの役場・総合支所に届け出をしてください。

 届け出を忘れていると、将来年金を受け取ることができなくなったり、受けられる年金額が少なくなる場合があります。

 

会社を退職したとき

 会社を退職すると、第2号被保険者から第1号被保険者となりますので、資格取得の届け出が必要です。

 扶養されている配偶者の方は、第3号被保険者から第1号被保険者となりますので、同様に資格取得の届け出が必要です。

 

必要なもの

 ・本人のマイナンバーカード(個人番号がわかるもの)または年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)

 ・退職年月日のわかるもの(離職票など)

 ・(配偶者が第3号被保険者の場合)配偶者の年金手帳または基礎年金番号通知書 

 

配偶者の扶養からはずれたとき

 離婚や、収入の増加により配偶者の扶養からはずれた場合、第3号被保険者から第1号被保険者となりますので、資格取得の届け出が必要です。

 

必要なもの

 ・本人のマイナンバーカード(個人番号がわかるもの)または年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)

 ・扶養から外れた日がわかるもの(社会保険の資格喪失証明書など)

 

年金受給者が死亡したとき

 受給権者死亡届出の提出が必要です。

 また、死亡した方の未支給となった年金を請求できる場合があります。

 

必要なもの

 ・死亡した方の年金証書

 ・死亡診断書のコピー

 (以下、未支給年金を請求する場合必要)

 ・ご遺族の方のマイナンバーカード(個人番号がわかるもの)または年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)

 ・ご遺族の方の戸籍謄本(死亡した方との関係がわかるもの)

 ・生計同一の証明書(ご遺族の方と死亡した方の住所が別の場合)

 ・振込先口座の通帳

 

出産を予定している(出産をした)とき

 産前産後免除の届け出が必要です。

 

必要なもの

 ・本人のマイナンバーカード(個人番号がわかるもの)または年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)

 ・出産(予定)日を確認できる書類(出産後に届け出をする場合は不要です)

お問い合わせ

福祉課
戸籍保険グループ
電話:0152-74-2111